ポイ活必須!ローソンのお試し引換券でお得に商品(特にお酒!)をゲットしよう

ローソンが近くにある方はやらなきゃ損っ!ポン活をして嗜好品をゲットするやり方を紹介していきます。 ポン活とは、ローソンの「お試し引換券」というクーポンで、嗜好品や新商品などをお得にゲットする活動のことを言います。 以前はPontaポイントのクーポ…

お得なウェル活!ウェルシアで33%オフで日用品を購入しよう!

テレビでも注目されたウェル活!ウェル活とは「ウェルシア お客様感謝デー」でお得に買い物することをいいます。貯めたTポイントがウェルシアで1.5倍で利用できるため、 例 Tポイント200pt ⇒ 300円分 Tポイント1000pt ⇒ 1500円分 のお買い物が…

医療費控除を利用するまでの流れを徹底解説!

怪我や病気、妊娠中の検診や出産時の入院・分娩など医療費は高額になりがちです。補助金や助成金の制度を活用して、なるべく出産にかかる費用を抑えたいですよね。 医療費控除を利用することで、医療費の一部をが還付される!翌年の節税効果もある!ので、こ…

固定費削減(保存版)通信費を見直して年間14.4万円を節約しよう!

通信費を年間14.4万円安く抑える方法! [固定費削減は半永久的]な節約です。 固定費(通信費)の見直しは日々の生活を変えずに月額1.2万円=年額14.4万円も節約することができます。初めての固定費削減について私が行ってきた方法を参考にして頂けれ…

ふるさと納税への簡単4ステップ!

ふるさと納税は実質2000円の自己負担で様々な返礼品を貰えることで人気となっています。 分かりやすく節税と説明されていますが、実際には税金自体を減らせる訳ではなく、「寄付」という名の税金の先払いと考えると分かりやすいです。 例 寄付額が400…

固定費削減 電力自由化で電気代が年間で8400円節約

2016年4月の法改正によって、地域の電力会社以外の様々な電力会社から電気を買うことが出来るようになりました。 つまり、電気の購入先の選択肢が増えたということは、今より安い電力会社へ乗り換えできるということです。 1 水光熱費の半分は「電気代…

固定費削減~保険編「病気・ケガ」の公的サポートを把握して、加入保険を見直そう

日本は「国民皆保険」であるため病気・ケガの治療費を支払った場合、自己負担額は原則3割となります。そして、重要なことは自己負担額には「上限」があるということです。また会社の健康保険によっては付加給付制度により上限が2万5千円になることもある…

固定費削減~「死亡リスク」の公的サポートを把握して、生命保険を見直そう

大黒柱の突然の不幸に対し、どれぐらいの生命保険(支給額)があれば安心なのか。漠然とした不安を無くすためにも、公的サポートを把握して、自分に合った生命保険を見つけよう。 1 大黒柱が亡くなった時は遺族年金が支給される 2 遺族年金は結局いくらも…

固定費や変動費をリクルートカード支払いで、年間2.8万円節約!

主婦におすすめのリクルートカードは還元率1.2%! 1.2%と言われると対した額ではないかと思いますが、月の出費が20万円の場合は支払い方リクルートカードに変えるだけで、2400円(年間約2.8万円)が貯まります。 普段の支払いでクレジットカー…

変動費をプリペイド払いにして年間約3万円を節約しよう

キャッシュレス決済には興味あるけど、クレジットカードは持ちたくない。とい う人には、高還元のプリペイドカード「Kyash Card」がおすすめです。 チャージ式で使いすぎることがなく、スーパー等のいつものお店で利用するだけ で、年間約1,4万円節約する…

確定拠出年金ってなに~iDeCoでお得に節税しよう~

iDeCoに毎月2万300円(年額27万6000円)を積み立てると、その年の所得税と翌年の住民税が5万5200円安くなり、支払った金額の5分の1(利回り20%)が還付金として戻ってくる。 これがiDeCoの節税です。 1 確定拠出年金(iDeCo)ってなに …

ガソリン代は支払い方次第でお得に給油できる!

移動手段として欠かせない車は維持費としてガソリン代も含まれます。駐車場代とは異なり様々な方法で節約可能なため、家計の大きな助けとなります。支払い方法や節約ポイントについて記載していきたいと思います。 1 セルフのガソリンスタンドを利用する 2…

イオンカードセレクトで変動費を年間30,000円以上節約できる!

イオンは食料品、日用品をお得に購入する方法が多くあります! 割引の種類が多く、現金の返金や給油の値引き、映画の割引など生活費から娯楽ま で様々な面で割安で利用することができます。 うまくすれば、生活費を年間で30000円以上節約することができ…