節税

親を扶養に入れることでの節税効果!対象範囲と節税額について。

親を扶養に入れることで、所得税・住民税を抑えることができる。また、社会保険上の扶養に入れると、親自身が健康保険料を支払わなくて済むようになる。 この記事では、実際にいくらお得になるのか、メリット・デメリットは何かについて記載していきたいと思…

生命保険も使い方次第で相続税の節税対策に使えるケースもある!

親の死亡時、子供に多くの資産を残すために、生命保険にしっかり入っていても、死亡後に受け取る生命保険は財産としてみなされ、相続税を納めなければなりません。 しかし受け取った生命保険の金額全体に課税されるわけではありません。 一定の控除が認めら…

パート等配偶者控除103万円・130万円150万円の壁、結局いくらまで働くのが得なのか?

主婦(または夫)がパート等で「扶養範囲内」で働きたいと考えている人も多いでしょう。よく言われている「103万円の壁」や「130万円の壁」です。2018年から「150万円の壁」になり「106万円の壁」というのも出てきました。 この収入を越えた…

nanaco払いで税金や公共料金を支払って年間2万円を節約しよう!

セブンイレブンでは税金や公共料金をnanacoで支払うことができます。 なぜnanacoで支払うのかというと、nanaco払いでは値引きや割引のない「税金や公共料金も安くすることができる」からです。 国民年金、固定資産税、軽自動車税、自動車税、公共料金、住民…

ふるさと納税への簡単4ステップ!

ふるさと納税は実質2000円の自己負担で様々な返礼品を貰えることで人気となっています。 分かりやすく節税と説明されていますが、実際には税金自体を減らせる訳ではなく、「寄付」という名の税金の先払いと考えると分かりやすいです。 例 寄付額が400…

確定拠出年金ってなに~iDeCoでお得に節税しよう~

iDeCoに毎月2万300円(年額27万6000円)を積み立てると、その年の所得税と翌年の住民税が5万5200円安くなり、支払った金額の5分の1(利回り20%)が還付金として戻ってくる。 これがiDeCoの節税です。 1 確定拠出年金(iDeCo)ってなに …